• ブラックFacebookのアイコン
  • ブラックTumblrのアイコン
  • ブラックInstagramのアイコン
  • 黒のYouTubeアイコン

ヒョウは

  ヒョウでも

 白いヒョウ

   ユキヒョウ

ABOUT

「まもろうPROJECT」は、

研究者とクリエーターがひとつになって、

絶滅の危機からユキヒョウを守るプロジェクト。

 

これ以上、絶滅種を増やしたくない。

人間と生きもの達が共存するために、何かできないか。 

そんな想いから、それぞれの専門を活かし、

任意の保全団体を立ち上げましました。​

 

We conduct the project to conserve snow leopards

with researchers and creators.

 
 

NEWS

Sunday, March 29, 2020

高山に暮らすユキヒョウ。冬場は雪を食べることで水分を摂取すると考えられていました。しかし、雪を食べると体内で氷を溶かすのにエネルギーを必要とします。そのため、冬季の高山では、水分摂取の戦略は動物種ごとに異なる可能性があります。今回、世界で初めて捉えた野生ユキヒョウの水飲み映像から、ユキヒョウは餌動物とは水分摂取の戦略が異なることが示唆されました。本研究成果は、ユキヒョウの生態研究や保全策の計画に重要な視点を与えることが期待されます。
​水のみ行動の動画はこちら、論文の詳細はこちら

那須どうぶつ王国でユキヒョウグッズの販売を開始

那須どうぶつ王国のネットショップにて、野生ユキヒョウの保全とキルギスの地域活性化につながる商品の販売を開始しました!

ネットショップはこちら

ホームページを更新

Friday, January 03, 2020

​まもろうPROJECTのホームページを更新しました!

1 / 7

Please reload

 

PROJECT

KYRGYZSTAN

現地のNGO団体「Snow Leopard Foundation in Kyrgyzstan」共同でシャムシー野生保護区や

サリチャット・エルタシュ自然保護区

キヒョウの生態を調査中。

現地の人々とユキヒョウグッズを制作し販売。

​収益の一部は活動費に使わせていただきます。

INDIA

住民の居住区とユキヒョウの生息地が

重なっているインドのラダック。

家畜を襲うユキヒョウを減らすため、

現地のNGO団体「Snow Leopard Conservancy India Trust」共同で住民の家畜小屋にフェンスを設置。同時に、住民への環境教育も行いました。

MONGOLIA

現地のNGO団体「Irbis Mongolian Center」と

共同でバガボグド山に赤外線カメラを設置。

キヒョウの生息エリアを調査した結果、

ユキヒョウの仔の撮影に成功。このエリアが、

繁殖に適していることを明らかにしました

現地で撮影した野生のユキヒョウ映像は、

国内のユキヒョウ飼育動物園やテレビ番組に提供中。

「まもろうPROJECT」は、

クラウドファンディングや募金、グッズ販売を通じて、

皆さまからいただいた支援金で活動を行っています。

ユキヒョウを絶滅の危機から守るために。

そこで生きる野生動物や人々の暮らしを守るために。

皆さまのお力添えを心よりお願い申し上げます。

 

GALLERY

 

CONTACT US

© 2013 by twinstrust.

E-mail: twinstrust2013[*]gmail.com